NPO法人保健科学総合研究会研修会のご案内

 ご承知のように、いまの現代社会がもたらすといわれる勤労者の精神的健康の保持・向上が大きな社会全体の課題となっていますが、 厚生労働省はメンタルヘルス対策の充実・強化に着目し、今国会に〝ストレスチエックの義務化〟を盛り込んだ「労働安全衛生法」の 改正案を提出しております。現段階では、同法案の成否の可否は定かではありませんが、可決されますと、法案成立から1年以内に ストレスチエックの義務化が施行されます。

 当研究会では、厚労省の試みを見据えながら、メンタルヘルスに携わっている専門医や保健師を招き、診療現場や職場で実践・体験から 心の病に悩む人たちとの間で交された事例を中心とした「メンタルヘルス研修」を試みました。 この研修を通じ専門職として、職場ではどのように活動展開が求められるのか、診療現場と企業との連携、そして、診断書取り扱いから 職場復帰への道筋や留意点を学びます。

 多数のご参加をお待ちしております。

テーマ

メンタルヘルス実力アップ研修

1.日 時: 平成24年10月13日(土) 14:00~17:30
2.会 場: 全国設計事務所健康保険組合
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷2-37-9 TEL 03-3404-9545
3.参加費: 研究会 正会員 1,000円 / 非会員 4,000円

プログラム

● 開会挨拶: 会長 清水 嘉与子 14:00~14:10
● 研修会1: 演題:「働く人の有効な復職支援のために」― 事業所と外部機関の連携をいかにすすめるか ― 14:10~15:40
講 師: 米 沢 宏氏
慈友クリニック院長/精神科医/産業医)
(株式会社ジャパンEAPシステムズ・顧問医)
● 研修会2: 事例発表 15:40~16:50
講 師: 椎葉 倫代氏
(新日鐵ソリューションズ株式会社シニアマネージャー 保健師)
● 質疑応答: 16:50~17:20
● 閉会挨拶: 多田 芳江(専務理事)
*秋の交流会:17:30~19:30 2階レストラン 会費3,000 円 是非ご参加ください。
多数のご参加ありがとうございました 会場地図