保健科学総合研究会 研修会のご案内

平成20年度から始まった特定健診・特定保健指導制度は第1期の5年間を終了し、 今年度から「第2期」がスタートしました。第2期計画期間の実施に当たっては、 高齢者医療確保法に基づく特定健診等実施基準を一部改正のうえ実施され、 新たな事業展開となりましたが、従来基準とどこがどう変わったのかを確認しながら、 この健康政策が目指す目的・目標等をあらためて考えてみたいと思います。 そして、この研修を通じ、私たち専門職としての心得などを学び今後の保健活動に 役立ていただければと考えます。多くの方々のご参加をお待ちしております。

テーマ

「改めて特定健診・特定保健指導を考える」

1.日 時: 平成25年11月16日(土) 13:30~17:00
2.会 場: 女性就業支援センター 第一セミナー室
〒108-0014 東京都港区芝5-35-3
Tel 03-5444-4151
● 講演1: 各医療保険者の健診・保健指導受診率向上が課題
講 師: 柿澤 満絵 氏
(厚労省健康局保健指導室保健指導専門官)
● 講演2: 特定保健指導の第2期改訂の意味 アルコール・喫煙・身体活動指針2013
講 師: 角田 透 氏
(杏林大学医学部衛生学公衆衛生学教室教授)
3.参加費: 会員 1,000円(資料代) 非会員 5,000円
懇親会 3,000円
4.申し込み: 平成25年11月10日迄(先着80名)
NPO法人・保健科学研究会    FAX 03-5412-7512
*秋の交流会:17:00~19:30 会費3,000 円 是非ご参加ください。
多数のご参加ありがとうございました 会場地図